今日も一日穏やかに過ごすために


promo-short
promo-long
promo-first-time

新着情報

夜食に食べて安心な食品

夜、どうしても食べたいとき、夜食に食べて安心な低カロリー食品があげられていました。 まず最初は、おなじみの納豆。 納豆は1パック約100カロリー、1パック食べきりで済ませれば、低カロリーで抑えられます。 それに、納豆は大豆食品なので、女性にとって大切な女性ホルモンを補う効果があるし、ビタミンB郡を豊富に含んでいるので、美髪や美肌を保つことができるそうです。 それから、ヨーグルト。 カルシウムや乳酸 ...

飛行機でぐっすり眠るコツ

飛行機での出張や海外旅行、旅のクオリティを左右するのが、フライト中の睡眠ですね。 そこで、長時間のフライトでよく眠るためのコツが紹介されていました。 まず、翼部分と化粧室の近くの席は避ける。 ジェット機のノイズはエンジンより後方で大きくなるので、静けさのためには、エンジンの前に座るのがいいようです。 また、ドアの開閉やライト、不快なにおいなどで起こされるのを避けるため、なるべく化粧室から離れた座席 ...

何かと忘れがちな脱毛ポイント!

皆さんはしっかり夏休みをエンジョイしてますか? デートや旅行、家族での帰省など、色んな楽しみを多くの人が満喫しているかと思いますが、女性の中にはこの夏休みを利用して脱毛しちゃってる!という人も多いかもしれませんね。 「私もしてみたいな♪」と思った人。 まだ8月は半分を過ぎたばかりです。 そこで脱毛をこれからしてみたい!という人に、今日は脱毛時のちょっとしたポイントをお教えします。 まず脱毛するとな ...

ジャーサラダに食中毒の心配

話題のジャーサラダですが、インターネット上では、食中毒を心配する声が広がっているそうです。 ジャーサラダはニューヨークで一大ブームを巻き起こし、昨年頃から日本でも話題を呼んでいる作り置きのサラダ。 でも、高温多湿な日本、ブームに火がついた秋から春のシーズンにかけては問題にならなかったが、食中毒のリスクが格段に高くなる今の季節は、取り扱いに細心の注意が必要とのことです。 リスクを最小化するには、細菌 ...

睡眠の新常識

睡眠の新常識について、語られていました。 まずは、夜の10時から夜中の2時が睡眠のゴールデンタイムと言われていますが、睡眠周期の問題であって、その時間帯である必要はないのだそうです。 また、ランチ後の14時ごろに眠くなってしまうのは、眠気のリズムの関係で、誰しも14時ごろ眠くなり、食事のせいではないそうです。 それから、深く眠りたい場合は、暗くするのがよいが、昼寝の場合は、起きたときの明るさや眠気 ...

運動神経を育てるには

運動神経を育てるには6歳までが重要なのだそうです。 運動神経を育むためには、小さいころの運動の経験がとても大切で、その理由は、乳幼児期が神経系の発達が著しいからといいます。 大人の神経系の状態を100%とすると、生まれてから5歳くらいまでに80%くらいはできてしまうというから驚きです。 運動神経を育むということは、脳に様々な動きの神経回路を作ることなので、この時期は効率もよく、絶好のチャンスという ...

疲労感を増長させる食べもの

食べると元気になるどころか、逆に疲れやすくなる食べ物もあるのだそうです。 疲労感を増長する食べ物として、まず、パンがあげられていました。 パンは炭水化物ですが、精製された小麦粉で作られていて、持続的にエネルギーを作り出す食物繊維が含まれておらず、また、消化されるのがとても早いので、食べてもすぐに疲れてしまうのだといいます。 それから、コーヒーなど、カフェインを含んだ飲み物。 カフェインの眠気覚まし ...

やめるべき足指の習慣

通勤時間が楽になる、やめるべき足指の習慣について解説されていました。 1つめは、やわらかい靴を履く。 足指が変形するいちばんの原因は、靴の選び方と履き方といいます。 大きめの靴ややわらかい素材の靴を履いて歩くと、靴のなかで足が前方へすべったり、かかとがパカパカして不安定な状態になってしまい、すると足指に力が入り、それが足指の変形につながるというわけです。 2つめは、靴を履くとき、靴べらを使わない。 ...

冬太りを加速させるNG生活習慣

冬は寒さで熱(エネルギー)を消費する分、エネルギーを蓄えなくてはと身体が考えて省エネモードになる、つまり太るリスクが高いのだといいます。 また、身体を温めようと高カロリーな食べ物を欲しやすくなる上、宴会などの誘惑も多いので、とても太りやすい季節と言えるそうです。 さらに恐ろしいことに、冬についた脂肪を春までに落とせるかどうかで、春以降に太るリスクも変わってくるのだとか。 ということで、冬太りを加速 ...

卵の鮮度を確認する方法

冷蔵庫に入っている卵、賞味期限が切れてしまったけど調理すればまだ食べられるか悩むところですね。 一般的にスーパーに売っている卵の賞味期限は1週間前後と短いですが、実は日本養鶏協会の資料によると、採取後、夏は16日、春・秋は25日、冬はなんと57日の間、卵は生食でも大丈夫ということです。 とは言っても、卵を買った日は覚えていないもの、そこで、生では抵抗があっても調理すれば大丈夫かなと考えた時に、卵の ...
サイト情報

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 今日も一日穏やかに過ごすために All Rights Reserved.