今日も一日穏やかに過ごすために


今日も一日穏やかに過ごすためにトップ >  逆効果になるマスクの使い方
promo-short
promo-long
promo-first-time

逆効果になるマスクの使い方

マスクの使い方を間違えるとあらたな感染源になるのだといいます。

ウィルスを防ぐと思われがちですが、マスクが除去できる粒子よりもはるかに小さいので、飛沫を防ぐのが精いっぱいで、正しく装着しないと漏れ率が大きくなり、飛沫すら吸い込んでしまうことになるのだとか。

外したマスクは病原菌がたくさん含まれているので、正しく処分しないと、ほかのひとにうつす原因となってしまうのということです。

マスクの中で、もっとも一般的なプリーツは、プリーツの先端が下向きであることを確認、プリーツを上下に広げる、ノーズピースを鼻に合わせ、顔にあてる、耳にひもをかける、が正しい装着法とのことです。

あごが覆われていなかったり、鼻やほほに隙間があるとそこから空気を吸い込んでしまい効果が薄れてしまうのだそう。

外す際はひもだけを使い、飛沫などがしみ込んだマスク表面には触らないことも重要で、自分に症状があるときはなおさらで、ほかの人への感染源とならないようビニール袋などに入れて捨て、手洗いも忘れずに行うということです。

サイト情報

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 今日も一日穏やかに過ごすために All Rights Reserved.