今日も一日穏やかに過ごすために


今日も一日穏やかに過ごすためにトップ >  卵の鮮度を確認する方法
promo-short
promo-long
promo-first-time

卵の鮮度を確認する方法

冷蔵庫に入っている卵、賞味期限が切れてしまったけど調理すればまだ食べられるか悩むところですね。

一般的にスーパーに売っている卵の賞味期限は1週間前後と短いですが、実は日本養鶏協会の資料によると、採取後、夏は16日、春・秋は25日、冬はなんと57日の間、卵は生食でも大丈夫ということです。

とは言っても、卵を買った日は覚えていないもの、そこで、生では抵抗があっても調理すれば大丈夫かなと考えた時に、卵の鮮度を確認するとても簡単な方法があるそうです。

その方法は、冷たい水をいれたコップにそっと卵を入れるだけ、鮮度の落ちた卵は水に浮き、新鮮な卵は底に沈んでいくのだとか。

卵の殻はつるつるで穴など空いていないように見えますが、実はとても浸透性が良いといいます。

それで古くなってしまった卵は、中に入っていた二酸化炭素や湿気が蒸発して、代わりに空気が入り込むので水に浮かんでしまうのだそうです。

サイト情報

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 今日も一日穏やかに過ごすために All Rights Reserved.