今日も一日穏やかに過ごすために


今日も一日穏やかに過ごすためにトップ >  疲労感を増長させる食べもの
promo-short
promo-long
promo-first-time

疲労感を増長させる食べもの

食べると元気になるどころか、逆に疲れやすくなる食べ物もあるのだそうです。

疲労感を増長する食べ物として、まず、パンがあげられていました。

パンは炭水化物ですが、精製された小麦粉で作られていて、持続的にエネルギーを作り出す食物繊維が含まれておらず、また、消化されるのがとても早いので、食べてもすぐに疲れてしまうのだといいます。

それから、コーヒーなど、カフェインを含んだ飲み物。

カフェインの眠気覚ましの作用は覚せい剤の作用とよく似たもので、頭がすっきりしたように感じるだけ、カフェインが切れたときにはその反動で余計に疲れを感じてしまうのだということです。

そして、サクランボ。

サクランボには、催眠作用のある天然のメラトニンが大量に含まれているので、元気になりたいときに食べるのは逆効果とのことです。

ほかに、胃に負担がかかるソーセージなど脂肪分の多い食べ物、低血糖状態になりやすいお菓子類など砂糖を多く含んだ食べ物がありました。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 今日も一日穏やかに過ごすために All Rights Reserved.