今日も一日穏やかに過ごすために


今日も一日穏やかに過ごすためにトップ >  運動神経を育てるには
promo-short
promo-long
promo-first-time

運動神経を育てるには

運動神経を育てるには6歳までが重要なのだそうです。

運動神経を育むためには、小さいころの運動の経験がとても大切で、その理由は、乳幼児期が神経系の発達が著しいからといいます。

大人の神経系の状態を100%とすると、生まれてから5歳くらいまでに80%くらいはできてしまうというから驚きです。

運動神経を育むということは、脳に様々な動きの神経回路を作ることなので、この時期は効率もよく、絶好のチャンスということです。

幼児期は、普段の遊びや生活のなかの多種多様な動きを経験させることが何より重要で、習い事を楽しむ程度で十分とのこと。

まだ何かの種目に特化したスポーツ技術などを本気でやらせる必要はなく、まずは、ベースとなる運動神経の回路をたくさん作ってあげてくださいとのことです。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 今日も一日穏やかに過ごすために All Rights Reserved.