今日も一日穏やかに過ごすために


今日も一日穏やかに過ごすためにトップ >  睡眠の新常識
promo-short
promo-long
promo-first-time

睡眠の新常識

睡眠の新常識について、語られていました。

まずは、夜の10時から夜中の2時が睡眠のゴールデンタイムと言われていますが、睡眠周期の問題であって、その時間帯である必要はないのだそうです。

また、ランチ後の14時ごろに眠くなってしまうのは、眠気のリズムの関係で、誰しも14時ごろ眠くなり、食事のせいではないそうです。

それから、深く眠りたい場合は、暗くするのがよいが、昼寝の場合は、起きたときの明るさや眠気覚ましが必要になるので、ある程度明るいほうがいいといいます。

そして、眠る前にすることは、リラックスすることがいちばん大切で、音楽を聴いたり、アロマを楽しんだりと、ただ、身体に悪影響でないことにするよいうことです。

ほかに、寝だめはできませんが、どうしても寝たい場合は、一度起きてから昼寝をするようにしたほうがいいのだそうです。

ただ、それはあくまで寝不足の解消のためであり、溜めることはできないということです。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 今日も一日穏やかに過ごすために All Rights Reserved.